通信講座仕事の流儀
ホーム > 注目 > 子供の身長と食事内容との関係

子供の身長と食事内容との関係

日本人の平均身長は、昭和の時代から比べると10cm近くも高くなっています。しかしそれでも、もっと身長が高くなりたい、と思っている人は男女合わせて全体の70%にも上ります。

 

幼稚園や小学校低学年の内は、まだ本人が身長について悩むことは少ないでしょう。しかし逆にこの時期は、親御さんがお子さんの身長が平均と比べて低いのではないか、もっと身長を伸ばすことはできないかといろいろと悩んでいることでしょう。

 

子供の身長を伸ばすためには良質な睡眠や運動などが大切になりますが、最も重要なのは栄養バランスのとれた食事です。

 

身長が伸びる仕組みは、骨の末端部分にある「骨端線」という軟骨細胞の集まりが成長ホルモンの働きかけによって増殖し、層のように積み重なること で骨が伸びているのです。この軟骨細胞を増殖させるためにも、そして成長ホルモンの分泌を促すためにも、食事から摂れる栄養素が欠かせないのです。睡眠や運動は確かに身長を伸ばす効果がありますが、体内に栄養素が不足していてはどんなにがんばっても身長を伸ばすことはできません。

 

軟骨細胞の原料となるのはタンパク質です。タンパク質は肉や魚、卵、チーズなどに豊富に含まれます。そして、成長ホルモンの分泌を促す働きがある のが、ビタミンや亜鉛、マグネシウム、カルシウムなどです。身長を伸ばすには、普段の食事からこれらの栄養素を十分に摂取することが大切なので す。

 

しかし、食事からだけでこれらの栄養素をすべてバランスよく摂取するのは結構大変です。毎日栄養バランスのとれた献立を考えるのも大変でしょうし、お子さんが小食だったり好き嫌いが多いとなかなか効率的に栄養を取ることは難しいでしょう。

 

そんなときには、サプリメントがおすすめです。子供用のサプリメントは、甘い味付けがされていたりして子供でもおいしく飲むことができます。サプリメントを上手に取り入れて、不足しがちな栄養素 を十分に補ってあげましょう。

 

子供の身長を伸ばす効果のある献立とは?

子供の身長を伸ばすには、普段の食事からしっかりと栄養を摂ることが大切です。特に、骨や筋肉の成長を助けるたんぱく質、骨の主成分となるカルシウム、成長ホルモンの分泌を促進する働きのある亜鉛は積極的に摂る必要があります。

 

だからといってこれらの栄養素ばかりを摂ればいいというわけではなく、これらを中心にそのほかの栄養素もバランスよく取り入れることが大切です。

 

たんぱく質は肉、魚、卵、豆、乳製品に多く含まれます。特に牛のヒレ肉や鶏のささみ、もも肉、タラ、マグロの赤身、豆類、キャベツ、ほうれん草、にんじんなどは脂肪分も少ないためおすすめです。

 

カルシウムは乳製品に多く含まれますが、それだけでは食欲不振になったり栄養のバランスが崩れてしまいます。乳製品のほかにワカメやシラスといった海産物、小松菜や大根などの野菜類、納豆や豆腐などの大豆製品、ゴマにもカルシウムが豊富に含まれているため、これらも上手に取り入れましょう。

 

亜鉛は、牡蠣や豚のレバー、牛や豚のもも肉、納豆などから摂取することができます。

 

マグロとワカメの和え物、ペーストしたレバーとチーズを乗せたトースト、豚のもも肉と小松菜の炒め物、鶏ささみのチーズ焼きなど、成長を助ける栄養素が豊富に含まれた食材を上手に組み合わせて、お子さんが喜ぶ献立を考えてみてください。

 

ただし、カルシウムなどは体内に吸収されにくいため、食事からだけでは充分な量を摂取するのが難しいのです。また、お仕事をしているお母さんは、毎日栄養バランスの取れた献立を考えるのが難しい場合もありますよね。そんなときには、サプリメントで足りない栄養素を補ってあげるのがいいでしょう。

 

アスミールには、カルシウムや亜鉛をはじめとする、身長を伸ばすのに欠かすことのできない栄養素が高濃度に配合されています。さらに本来体内に吸収されにくいカルシウムも、独自製法で生成することによって吸収率がアップしています。普段の食事と一緒にサプリメントと摂れば、効果的に身長を伸ばすことができるでしょう。

 

食品添加物が子供の身長に与える影響とは?

 

食品添加物があまり良くないもの、だということは何となく分かってはいるけれど、なかなか添加物を一切使用していない食材ばかりを使うのは難しいですよね。

 

スーパーに売っている食品一つ一つの原材料をチェックしながら買い物をするのは大変だし、特に夏場などは保存料を一切使用していない食材しか使わないとなると、毎日、下手をすれば1日に数回買い物に行かなければならなくなってしまいます。もしも共働きのご家庭だったら、これは不可能に近いでしょう。

 

実際、添加物は子供の身長にどのような影響を与えるのでしょうか?

 

ハムやソーセージ、コーラやアイスクリームなどに使われるポリリン酸塩やメタリン酸といったリン酸系の食品添加物は、カルシウムや亜鉛、マグネシウムと結合して体外へそのまま排出させてしまうのです。カルシウムも亜鉛もマグネシウムも、身長を伸ばすためには欠かせない栄養素です。せっかく栄養バランスを考えてこれらの栄養素が豊富に含まれた食事を食べさせてあげても、食品添加物が使われていることによってせっかくの栄養素がほとんど吸収されずに排出されてしまうのです。

 

これでは身長を伸ばすことができません。さらに食品添加物は子供の身体の代謝にも悪影響を及ぼします。そのため、食品添加物が多く使われた食品を食べすぎると、身長が伸びなくなってしまうのです。

 

とは言え、やはり食品添加物が一切使われていない食材ばかりを使って料理をするのは大変です。しかし、添加物未使用の食品ばかりを使わなくても、可能な限り食品添加物を取り除いてから調理すれば、食品添加物による悪影響をかなり軽減させることができます。

 

食品添加物を取り除くには、食品を一度熱湯にくぐらせればいいのです。例えば、ハムやソーセージなどの加工肉は、調理前に10秒ほど熱湯にくぐらせます。カップラーメンなどは麺を柔らかくするために使ったお湯は一度捨て、新しいお湯を入れてから食べるようにすればいいのです。

 

このように、調理前にひと手間かけて添加物を取り除くことで、添加物を使用した食品でも安心して料理に使えるようになります。

 

子供の身長と母乳の関係

 

赤ちゃんの頃の栄養状態は、その後の成長に大きくかかわってきます。子供の身長が平均身長に比べて著しく低かったり、身長の伸び方が平均と比べて著しく少なかったりする低身長症の原因には、成長ホルモンの分泌量が極端に少ない分泌不全という病気の可能性もありますが、赤ちゃんの頃に十分な栄養を摂取できていなかったことも原因の一つに挙げられます。

 

現在、日本人の最終的な平均身長は男性が171cm、女性が158cmです。最終身長がこの平均を下回るお子様を持つご両親に、お子様が乳幼児の頃の食生活についてアンケートを取ったところ、「母乳やミルクをあまり飲まなかった」「母乳の出が悪かった」「母乳もミルクもよく飲んでいたが、よく動き回る子だった」という意見が多くみられました。

 

ある病院では、低身長の治療を希望して来院する子供の、低身長の原因の第一が幼少時の栄養不足だといいます。幼少時に栄養が不足していた場合、4歳の時点での身長が100cmを下回るといいます。

 

幼少時に栄養が不足する原因の一つに、母乳の出があまり良くなかったことが挙げられます。乳腺がつまっていたりお母さんの体質によって母乳の出が悪くなると、飲むのに時間がかかってしまうため十分な量を飲んでいないうちに赤ちゃんはおなかがいっぱいになってしまいます。

 

しかし、「母乳で育てなければ」という思いが強いために混合育児やミルク育児に切り替えることができず、赤ちゃんの食が細くなってしまうというケースが少なくありません。また、母乳もミルクも十分に飲んでいたとしても、よく動き回る赤ちゃんの場合は消費するエネルギーに対して摂取量が追い付か ず、結果的に栄養不足になってしまうこともあります。

 

赤ちゃんの内は母乳やミルクからしか栄養を摂取することができません。成長してから低身長で悩まないためにも、赤ちゃんの内にたっぷりと母乳やミルクを飲ませてあげることが大切です。もし十分な量を飲ませてあげられているか不安な方は、定期的に産院の母乳相談や育児相談に通い、体重や哺乳量のチェックをするといいでしょう。

コーヒーメーカーおすすめ