通信講座仕事の流儀
ホーム > 視力ケア > 子どもの視力低下

子どもの視力低下

不十分な明かりのもとで、読書や勉強などの近見作業は、 

対象物が見にくくなってしまうので、30cmの距離を守れにくくなります。(近づきすぎる。) 

また、必要以上に眼に負担をかけ、酷使させることになるので、30-30-30を守っていても、視力は低下してしまいます。 

  特に電車や車の中は、体全体が小刻みに動いているので、常に眼を微妙に動かしながら見ることになるので、 目にかなり負担がかかります。 

特に、低学年のお子さまには、「視力低下」の自覚症状がほとんどなく

今年の視力検査で、
「去年A判定だったのにD判定に急激に悪化…」というケースも珍しくはありません。

「何がダメだったの…」
「どうしてうちの子が…」

と不安にもなってしまいますよね。

子供たちが視力低下する原因の多くはこういった内容なのでどうかこのことをしっかり守らせてあげてください。 

→ 出口隆の視力アップ法とは?